スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安浦漁港 その1
s-DSC_0124.jpg

呉市の東、旧安浦町には安浦漁港という小さな港がある。
波静かな瀬戸内の小さい漁港とはいえ、風が吹けば波も立つから、漁港の入口には防波堤が設置されている。

今回はその「防波堤」について紹介してみたい。



上下の写真がその防波堤の全景である。
戦後間もない昭和27年ごろに設置されたものだという。
逆光で見づらいのだが、何か特徴のある形状をしているのがお分かりだろうか。

s-DSC_0182.jpg


まずは上の写真の左手前側、あるいは下の写真の真ん中あたり。
防波堤にしてはちょっと不自然な低くなっている箇所がある。何なんだろうか。

次に下の写真の左側(上の写真の場合は真ん中辺り)隙間が開いている。
防波堤に隙間はまあ、珍しいとまではいえない。

というか、写真をよく見ると防波堤の素性はわかってしまうかもしれない。

最後に防波堤の「隙間」のアップを。
s-DSC_0197_20100704214004.jpg

何かに見えますか?もうわかったかもしれません。

ちなみにこの防波堤は中が空洞で入ることもでき、見えている丸い穴からは外をのぞくことが出来る。

そこから見えるのは下の写真のような景色。

s-DSC_0145.jpg

そう、答えは「船」

この防波堤、二隻の船を縦に並べて海底に固定して作られているのである。

〔つづく〕


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

さすが。ご存知でしたか。
この類の船は防波堤として何箇所か残っていますが、情報を集めた限りでは一番状態が良いものではないでしょうか。

続きます。
taihei | URL | 2010/07/13/Tue 21:32 [EDIT]
おお!これはうらやましい。いい物を見に行きましたね。
まだまだ健在なようで嬉しいです。
マフ巻 | URL | 2010/07/09/Fri 09:12 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © tunnel web BLOG. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。