FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地図にない隧道
島根県の近代化遺産のピックアップリストにその名を見つけた,深野奥原隧道。昭和10年竣工の「土造」隧道

「土造」ですよ土造。壁の上のほうに「龍」とか書いてある白壁のあれではなくて。土蔵なら夏は涼しくてよさそうなんですが。崩れかけた素掘りの香りがします。

しかし,中国地方にまだ紹介していない隧道があるとは!

旧吉田村深野にあるのだろうということはわかりましたが,旧版の地図にも載っていません。ということは,現地での聞き込みが捜査の基本とばかりに下見に行ってまいりました。

まずは,深野の中心部で「奥原地区」の場所を確認し,一軒だけある家のご夫婦を訪ねて教えを請いました。

「行きすぎとる。橋の下の道を左にはいらんと。」車で走ってたら見落とします。というか,荒れてても車道なら気がつきますが,車道ですらありません。いわゆる森林管理用の作業道というやつですな。

深野奥原隧道口


獲得情報
・1キロくらい登った先にあり,30間くらいの長さ。中は濡れとる。
・入り口は草だが,しばらく行くと過ぎの植林地帯になっているので歩ける。
・(サンダル履きの私に対し)その格好では行きんさんなよ。(ハイ。さすがに長靴は常備してます)
・マムシとかおるかもしれんけぇ,気ぃつけて行きんさい。
・吉田に出るのに通っていた。遠回りして菅谷へ抜ける林道へ抜けていた。

20070818204858.jpg


ということで,現存するようです。しかし,夏の間はどうするかなあ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © tunnel web BLOG. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。