スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強い馬は強い。
日本ダービーを64年ぶりに牝馬が制した。

フサイチホウオーを1.6倍という明らかに馬鹿げた人気馬に仕立て上げてしまったこと,さらに,アドマイヤオーラとライバル関係にあったともいえるダイワスカーレットとスピードを含めた真剣勝負をし,直線よれた分負けたものの,距離伸びて逆転は明らかだったこと。さらに桜花賞で完敗した馬がNHKマイルで皐月賞好走馬を一気に差し切ったこと。オークスを好タイムで勝った馬は,影も踏めないような馬だったこと。

パドック,返し馬ともに出来は抜けていた。

20070528221233.jpg


結果は完勝。馬券も完勝。馬単にあれだけの配当をつれてきてくれたのは,おまけみたいなものとしても。

s-DSC_0099.jpg

スポンサーサイト
よい天気でした。
天皇賞春


この時点で,「そのままっ!」というのは,さすがに虫が良すぎたかなあ。

まあ,アイポッパーが一番人気になった時点で,勝つのはこの馬しかいないと思っていたのだが,二着馬は抑えられなかった。
でも,このメンバーではさすがに強かった。いったんは沈んだかと思ったが結局差し返して残してるからね。

しかし,あまりに天気が良すぎて,ちょっと日に焼けたかもしれない。
単勝1.0倍。ぎゅうぎゅうづめの川崎競馬場で川崎記念に出走するロジータ。牝馬でありながら南関東三冠馬となった歴史的な名馬だ。
このレースで引退するロジータは繁殖牝馬としてもダートの強豪を輩出している。


Copyright © tunnel web BLOG. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。